2013年5月22日、バーナンキFRB議長の議会証言を受けて、ダウ平均は228ポイント急落し、その後しばらく株式相場の降下が続いた。

連銀の動きと株式市場の反応については、有名なエコノミストのリチャード氏が「金融緩和を続けるべきか否か、それが問題だ」 と言い、次のように解説しています。「株価急落は、

市場の過剰反応だ。売り一色となった市場を見れば連銀が本当にドル紙幣を刷るスピードを緩めた時に何が起こるかは明白だ。 偽金であるドル紙幣を大量に刷って経済を安定させようとするのは、躁うつ病の患者に麻薬を投与するのに似ている。つかの間の多好感を味わうことは できるが、その後に暴落という

富とお金の違いとは

衰弱が待っている。米国経済は病気だ。財政政策が病状をさらに悪化させている。だから連銀は、 投与量を増やしてきた。だが適量を与えることは至難の業だ。当面、株式市場の方向感は、これまで以上に変動が激しくなる可能性がある」 金融緩和の行方に対する憶測で市場が乱高下していますが、こういう時

にこそ、まずファイナンシャル教育にあなたの時間を投資してほしいのです。「富を築く」ということを考えてほしいのです。本当に求めるべきものは、 お金ではなく、富であるからです。

お金持ちと富を持っている人とは違うのです

著名人のR氏は、「私が幼い頃、金持ち父さんが、「お金を持っていること」と「富を持っていることは違う」と言い、その違いを 話してくれたことがあった」と言う。それはこんなことである。「お金を持っていることと、富を持っていることが同じだと思っている人が多いと思うが、 この2つは実に大きく

違うのだ。金持ちは、たくさんお金を持っている人たちのこと。だが、富を持っている人たちは、お金のことなど全く気にしないのだ。」 金持ち父さんが言いたいのは、次のようなことでしょう。多くの人の目に金持ちだと映る人々は、たしかにお金をたくさん持っているかもしれない。 だがそれと同じかそれ

以上に、出費や借金があって、お金の心配で夜も寝れないような日々を送っているかもしれない。中には高級取りのサラリーマンも いるかもしれないが、毎朝飛び起きて会社に行かなければいけないし、リストラやレイオフの恐怖に常に怯えているかもしれない。 だが一方、富のある人たちというのは、そんな憂いや心配がないのだ。これはなぜだろう。

金持ちは紙の資産もフル活用しています。

資産家は、休遊地にアパート、マンションを立ててのアパート経営、またはマンション経営している人が多いです。 また、少数派にはなりますが、紙の資産、株の売買も得意な人が多いですね。

富を持った人の理論